さいたま市浦和区はりきゅう専門小泉漢方堂鍼灸療院TOPへ

CONTENTS 目次
■治療院の紹介
■スタッフ紹介
■治療風景
■初めて来院される方へ
■治療例
■患者様の声
■Q&A
■はり・きゅう治療の適応疾患
■院長ブログ
■新井ブログ
■リンク
さいたま市浦和区はりきゅう専門小泉漢方堂鍼灸療院TOPへ


頭痛


現在医学的な頭痛の分類

頭痛
には大きく分けて二つ、悪性のものと良性のものがあります。脳などに器質的異常が診られて発症する「二次的頭痛」(悪性)と身体に器質的異常がみられず慢性的に繰り返す「一次的頭痛」(良性)に分けられます。
一次性頭痛とは、いわゆる「頭痛持ち」といわれる慢性頭痛のことで、激しい痛みでも命に関わるようなものではありません。反復して起きる慢性の頭痛で、悪性のものは滅多にありません。鍼灸治療の効果を発揮できるのは一次的頭痛になります。


●鍼灸適応症の頭痛(一次性頭痛)

片頭痛(偏頭痛)・・・月に何回か、反復して突然起こる日常生活に差し障るような酷い 頭痛。ズッキン、ズッキンと主に片側が痛む。痛み出す直前にチカチカとした光が見えるときがある。吐気を伴う場合がある。動作で痛みが増す。数時間から3日ほど続く。光や音に敏感になる。

緊張型頭痛・・・時々、徐々に始まる頭痛。後頭部から首筋にかけての頭痛です。頭全体やハチマキ状に痛む場合もあり、主に両側性の持続した痛み。肩こりを伴うことが多い。痛み方は「頭が重い」「絞め付けられる様」と表現される。

群発性頭痛・・・痛みは2〜3時間以内で治まるが、ある期間毎日の様に激しい痛みに襲われる。 主に片側の目の奥が酷く痛む。痛みと同時に目の充血、涙目、鼻が詰まり、みられるときがある。群発性頭痛は片側の顔面部が痛むので三叉神経痛と間違われやすいのですが、どちらも鍼灸治療の適応症です。

混合型頭痛・・・上記三種(偏頭痛・緊張型頭痛・群発性頭痛)の症状が混合して現われる頭痛。

 

●危険な頭痛(二次性頭痛)

悪性の危険な頭痛です。背景にある疾患の代表として主にくも膜下出血等の脳疾患が挙げられます。下記のような症状がみられる頭痛があリましたら、早急に脳神経外科へ行きましょう。

◎突然、襲われた今までに経験したことがない強烈な頭痛。
◎発症して一ヶ月以内の間に徐々に悪化している。
◎項部硬直(うつむけない)。
◎神経や精神の異常を伴う(意識が犯されている・手足に麻痺やしびれを伴う・目の見え方がおかしい・眩暈・ふらつきがある・けいれんを伴う・言動の異変・人柄の変化・しゃべりにくい)



当院での鍼灸治療
危険な頭痛だけ除外できれば、現代医学的な頭痛の分類は鍼灸治療において必要ではありません。患部や病名に係らず、伝統的な東洋医学の診断方法を用いて全身を調整し、日常生活に問題点があればアドバイスを行い、症状の改善を目標とした治療を行います。



症例1
U.A 30代女性、看護師
以前から毎日酷い頭痛に悩まされている。毎日鎮痛剤を服用しながら仕事をしている。食欲不振、胃痛、生理不順、生理痛、不妊治療中、手足の冷え、便秘、疲れやすい、貧血、肩こり、人混みで緊張する
1回目 鍼灸治療後は頭痛無し。
3回目 頭痛のでない日が出てきた。
6回目 前回の治療後から鎮痛剤を飲んでいない。
以後、鎮痛剤を飲むほどの頭痛はたまにしか起きなくなった。

治療とあわせて、毎日の自宅施灸と食生活・日常生活の改善指導、メンタルケア(特殊治療)も併用しました。



症例2
I.T 30代女性 
治療は通常の鍼灸治療と併せて精神的ストレスへのアプローチとしてメンタルケア(特殊治療)を併用し、毎日の自宅施灸と食生活・日常生活の改善指導をした。

↓以下は、I.T様から戴いたメールをそのまま転記させていただいたものです。↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小泉先生、 いつもお世話になっております。 I.Tです。 頭痛について、書いてみました。
------------------------------------------------------
<1.症状と経緯>
約6年勤めていた会社を退職し、大学院へ入学。
退職し1年目で、頭痛、動悸、右手の痺れ、左まぶたの痙攣といった症状が出始める。
頭痛は、疲れているせいだと思い、家で、安静にして回復を試みるが、治らなかった。
体を休めようと思い、家で眠った後に起こる痛みが特にひどい状況で、 激しい痛みに耐えられず、市販の頭痛薬を飲みはじめる。
ほとんど毎日、我慢できない頭痛が出ていたため、薬はその度に 毎回飲んでいた。
服用頻度があまりにも増えてしまったため、昨年4月ごろ、内科で検診を受ける。
血液検査等を行ったが異常はなく、医師から「自律神経失調症」では ないかと言われ、頭痛薬を処方された。
また、その時、手足に内出血がかなり沢山出ていたが、それは 頭痛薬の飲みすぎによるものであると、内科医師からは言われた。
頭痛が出る日は、何かをやろうという気力が起きず、ほとんど何もしないで 過ごすことが多かった。

<2.鍼治療と回復の経緯>
(治療について)
昨年夏に自律神経失調症に鍼が効くと、知人から鍼治療を紹介される。
初診では、まず問診があり、先生に普段使用している薬(頭痛薬のほかアトピーの 薬なども)、症状などを細かく報告。
その後、鍼治療とメンタルケアも受ける。
鍼の治療にかかるまで、病院にかかっても、マッサージをやってみても 回復しなかったため、「まただめだったらどうしよう」と不安に思いながら 治療を受けた。
鍼治療の後、すぐに頭痛などの症状が緩和するということは無かったが、 通い始めて2ヵ月後くらいから 徐々に頭痛がとれだした。
右手の痺れとまぶたの痙攣は全くしなくなった。
動悸はほとんど毎日していたのが、徐々にしない日ができるようになってきた。
動悸については、現在、1ヶ月に2-3度感じる程度まで減少。
また、最初の1-2ヶ月は、右ふくらはぎの鍼に非常に重たい 感じ(おなかの中まで重たーい感じ)を受けていたが、徐々にその感覚も薄くなっていった。
半年ほどたった時点で、多少頭痛が出ても薬なしで我慢できる範囲になった。 今現在は、ほとんど強い頭痛が出ることはなくなった。
(自宅で)
毎日マジックで印をつけられた箇所にお灸をしている。
頭痛がしたときも、とりあえず、決められたツボにお灸をしてみる。
あまり、1日中、勉強ばかりにならないように、運動も開始。
頭痛対策以外には、アトピー対策として、次の事に心がけた。

  • 添加物が入っている食べ物は極力避ける。 (大学の研究室で必ず飲んでいた缶コーヒー、お金がもったいなくてつい、手を 出してしまう カップヌードル等)
  • 白米から玄米に切り替え
  • アトピーに効く野菜ドリンク   ダイコン、ニンジン、干ししいたけ、ごぼうを1時間煮込んだ煮汁を飲む。

とにかく、もう、頭痛のあの苦しみを味わうのはゴメンだ!!と思い 自分の生活に問題がありそうなところは、この際、全部見直すことに・・・。
-------------------------------------------------------

それにしても、書けば書くほど、あの時は、毎日死にたいと思っていて、本当に つらかったなぁ・・・ と思い出しました。
しんどい状態が続いていたら、今頃どうなっていたかと思うと恐ろしいです。
小泉先生の所でお世話になって本当によかった。。。そう思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。
I.T


▲ページの頭へ

〒330−0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂1-2-1エイペックスタワー浦和112
Copyright(C) 小泉漢方堂鍼灸療院.All Rights Reserved.