さいたま市浦和区はりきゅう専門小泉漢方堂鍼灸療院TOPへ

CONTENTS 目次
■治療院の紹介
■スタッフ紹介
■治療風景
■初めて来院される方へ
■治療例
■患者様の声
■Q&A
■はり・きゅう治療の適応疾患
■院長ブログ
■新井ブログ
■リンク
さいたま市浦和区はりきゅう専門小泉漢方堂鍼灸療院TOPへ


不妊


不妊不育症で悩んでいらっしゃる方々には、手足の冷え、腰痛、頭痛、肩こり、便秘、生理痛、生理不順、月経前緊張症、だるい、イライラ、など、身心の不調を訴える方が多いものです。
ご自分の自覚症状がなくても、背中やお腹が堅かったりすると血行が悪くなり、身体の各臓器は正常に働きにくい状態になります。
このような状態では卵巣や子宮も正常に働かず不妊となってもおかしくはありません。

当院では赤ちゃんを望まれる未来のお母さんには、体に現われる症状へのアプローチと血流改善、メンタルケア、食生活や日常生活における問題点の見直しを通じて妊娠しやすい体づくりのお手伝いをさせていただいております。
当院の鍼灸治療の特色は患者様夫々の生理周期に合わせ、その時々の身体の変化を脈診などの診断方法で把握して最適な経穴(ツボ)を処方するところにあります。患者様個人個人に応じ、更にその時々に応じた処方を行いますフルオーダーメイドの治療です。




当院は、セントウイメンズクリニックの稲垣昇先生と提携をさせていただいております。高度生殖医療の受診をご希望の方はご相談ください。

不妊に関わる症例・患者様の声はこちら



不妊治療に対する当院のスタンスについて
 
 当院には関東一円から年間4000人(延べ人数)以上の不妊に悩む患者様が来院されております。
自然にタイミングを取る方や人工授精、高度生殖医療(体外受精や顕微授精による胚移植)と併用される方まで様々です。

個人の治療院では不妊治療の症例が豊富であるとは思いますが、不妊は患者様の訴える数ある症状の中の一主訴に過ぎないと考えております。
近年、不妊治療専門を謳う鍼灸院が増えてきましたが、全身を拝見して治療方針を立てる鍼灸という医術に専門も何もありません。

専門を謳う時点で内科、婦人科などの隔たりなく、患者様を一人の人間としてその病に至る歴史を紐解くという東洋医学の特色が失われています。

技術もないのに経営戦略に走っている・・・そのように思えてならないのです。

例えば腰痛や頭痛、喘息など急な症状を訴える患者様の苦痛も、その場で取り除けずに鍼灸師とはいえません。
 
どんな苦痛も楽にして差し上げる、その延長上で赤ちゃんに出会える・・・当院ではそのような治療を提供できるよう勤めております。

▲ページの頭へ

〒330−0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂1-2-1エイペックスタワー浦和112
Copyright(C) 小泉漢方堂鍼灸療院.All Rights Reserved.